記事一覧

道の駅探訪 ♯10 道の駅 南ふらの

道の駅探訪区切りの10回目となります。

今回は南富良野町 道の駅 南ふらのです。
建物はカヌーの舳先をイメージしたみたいですね。



道の駅「南ふらの」がある南富良野町の幾寅は去年洪水の被害が酷かった地域でもあります。

私の住んでる町も水没被害がありましたが南富良野町の比ではありませんでした。

洪水より一年以上経過した今回の訪問時も未だに川沿いに重機が入り倒木等が山積みされており被害の大きさを改めて感じました。



住所:空知郡南富良野町字幾寅687番地(国道38号沿い)

TEL:0167-52-2100

休館日:年末年始(12/31~1/2)※秋期に臨時休館の場合あり

開館時間:9:00~17:00(4月~5月、10月~3月)、9:00~19:00(6月~9月)

スタンプ押印時間:開館時間に同じ※休館日は押せません

登録年月日:平成5年4月22日(1993年)【登録番号3】

♯10:南ふらの
※あくまでも各評価は私おんれーの独断と偏見による評価です、あくまでも参考程度に生温く見て下さい。

各項目の説明は一発目のステラ☆ほんべつをご参照下さい。

アクセス:7点
位置的には富良野・美瑛↔狩勝峠・新得・十勝側↔道東道・トマムIC側↔占冠側とどのように回っても通りに組み込みやすい道の駅といえます。

但し付近には他の道の駅がないので、若干寄り道感を感じる道の駅でもあります。

食事:7点
定食やラーメン等一般的なレストランメニューですね。
朝イチの訪問の為まだ開いてませんでした。
小上がりもあるので小さい子供やお年寄りでもくつろげます。
外にはメロンやとうきびが食べられる軽食屋台もあります。
いかにも「北海道の観光地」的なとうきび

「とうきび」ってベタすぎて道民はこういう所で買って食べないですよね(--;) 時期になれば自分の家で湯がきますし…

初めて観光地でとうきびを買ったかもしれません。

きゅうりの浅漬けを一本刺した「きゅうりスティック」

旨いけど、若干後半飽きる……(^-^;

定番のソフトクリーム…
いたって普通のソフトクリームでした。

横にはおしゃれそうなカフェもありますがまだオープン前でした… 色々食べられますしご当地色も強いので7点としました。

買い物:7点
富良野ということでラベンダーやヒグマにちなんだお土産類がわんさかあります。
そばが南富良野の特産品だったのは知りませんでした…
よく考えて見ると狩勝峠を挟んで隣の新得町はそばが名物ですから不思議じゃないんですよね。
富良野らしいラベンダーカラーのおみやげ物
上からプリン→お茶→味噌という謎のコンセプトの陳列…
エゾシカの加工品もありました。

車中泊:4点
駐車場はやや広い

付近に目ぼしい入浴施設がありません。

ここが24hトイレです。

おんれー的にはよっぽどのことがない限りここで車中泊はしなくても良いかなという感じです。

近くに良いキャンプ場(かなやま湖)もありますので…

子連れ:6点

足寄にもヒグマが居ましたがここには3頭のヒグマが居ます。
南ふらのの方が数・大きさ共に迫力があります。
訪問時シーズンオフに入って来ていましたが花もたくさん咲いて居ますので6~8月に来ると見ごたえがありそうです。

子供も走り回ります…
「かなやま湖の魚たち」
幻の魚イトウが見られます。

ちなみにイトウは「魚鬼」←変換で出ない… 魚辺に鬼と書きます
売店の横に階段があるので上がっていくと、何故かベビーベッドと椅子があり…

その奥には北海道の木の紹介コーナーがあるという、なんとも言えない世界観が広がっていました。
子供には興味の湧きにくいコーナーですねf(^^;
またクマがいました…

イトウ・クマ・木と物珍しさで若干の間は持つかもしれません。

我が家の息子と娘は微妙にテンションが上がっていました…

この後は富良野・美瑛・東神楽と北上していきました。



ランキングに参加しています、面白かったら押して頂けると物凄くありがたいです。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント