記事一覧

道の駅探訪 ♯15 道の駅 おんねゆ温泉

道の駅探訪15回目となります。

今回は北見市 道の駅おんねゆ温泉です。
おんねゆ温泉は旧留辺蘂町今は合併して北見市になっています。

位置的には置戸町・上川町・遠軽町・北見市外の中間点に位置します。

留辺蘂(るべしべ)恩根湯温泉街が観光名所の地区です。

旧留辺蘂町のカントリーサインです、キタキツネ牧場があるからかキタキツネが温泉に入っています。
今は合併して北見市となりました。

北見の名産は玉ねぎとハッカです。

なぜラグビーなのかは調べて初めて知りましたが、北見はスポーツの合宿を推し進めている町みたいでラグビーとかの合宿に力を入れているみたいです。

スポーツ合宿の里とかもあるみたいです(-_-)

合宿の里ってなんですかね……




住所:北見市留辺蘂町松山1-4(国道39号沿い)

TEL:0157-45-3373

休館日:施設メンテナンスのため年末年始(12/26~1/1)、4/8~4/14

開館時間:8:30~17:00(4月~10月)、9:00~16:30(11月~3月)

スタンプ押印時間:開館時間に同じ※休館日は押せません 

※スタンプラリー受付場所 果夢林の館

登録年月日:平成7年8月3日(1995年)【登録番号24】


♯15 おんねゆ温泉

※あくまでも各評価は私おんれーの独断と偏見による評価です、あくまでも参考程度に生温く見て下さい。

各項目の説明は一発目のステラ☆ほんべつをご参照下さい。

アクセス:3点

おんねゆ温泉のある留辺蘂は様々な市町村と隣接しておりますが如何せん他の周りの道の駅と離れ過ぎています…

正直この道の駅をルート上にしないで他地方に行きたいところですがどうしてもこの道の駅を取るならば回り道をしなくてはならない状況になってしまいます。

又、高速道路とも縁遠い場所です。

食事:7点

食事施設は敷地内の「からくり王国」に昔ながらの観光地の雰囲気を持っているお土産屋と食事・軽食の店が軒を連ねています。

やはり息子がざわつき始めます…


息子の目が非常に輝いています… こうなると誰も止める事はできません(-_-;)
夕張メロン・白い恋人・ラベンダー等、北海道の名物フレーバーをしっかり抑えています。
抹茶とバニラのミックス。

ソフトクリーム320円 白い恋人系は350円 ソフトクリームにしてはやや値が張りますが味も美味しいです。

「どさんこワイドにも紹介された」をこれでもかと押し出している「喜久ちゃんラーメン」に行って見ました

外からもあげいもやテンプラなどホットスナックを買える造りになってます。

店内のようす

ラーメンやそば、カレー等の一般的な食堂メニューにホットスナック系のメニューです。

北海道定番のあげいも、中山峠が有名ですが、北海道では大体の観光地で食べる事が可能です、いわゆる「道民のドライブの友」です。
冷食っぽいたこ焼揚げ…
イカテンプラ…
ホタテテンプラ… 

どちらも甘じょっぱいタレが掛かっています…

その他カツカレーとそばを頼みましたが普通でした。

料理をメインに作ってるおじさんと数人のマダムで店を切り盛りしていましたが皆さん感じの良い店員さんたちです(^-^)

この他飲食店が数件あります。

コロッケの店が左端に増えていました。

買い物:7点

上記の「からくり王国」では北見のお土産やベタな北海道土産を購入できます。

道の駅舎の果夢林ショップでは特産品の木材を使った、置物や加工品・工作キット等を購入することができます。
アイヌ文化の木彫り…
木工の加工品、こういうので揃えると非常におしゃれなんでしょうが、我が家では経済的に許してくれません(@_@)

木工の様々な商品があり見ているだけでも非常に楽しくなります。

建物も木を全面に押し出している作りで非常に明るい印象。

車中泊:9点

駐車場はかなり広い

裏手にも駐車場があります。


トイレ兼観光センターは24時間空いてるようなので便利です。

温泉はおんねゆ温泉と言いうくらいですから温泉街がありますが温泉街迄は若干距離があります。

温泉街とは逆方向にも塩別つるつる温泉があります。

つるつる温泉もかなりお勧めの入浴施設です。

コンビニはセブンがありますが若干遠いです。

入浴施設の選択肢の多さと車中泊しやすい駐車場の作りをしており車中泊には良い道の駅だと思います。

子連れ:10点

シンボルタワー果夢林・果夢林ワールド・山の水族館など子供が遊べるところが沢山あります。

我が家の子供もここの道の駅が大好きで良く行きたがります。
果夢林タワーは11月には閉鎖されますので訪問時は中には入れませんでした…

以前中に入ったときは何か回すやつとか遊ぶやつとかがありました(適当)

稼働時は正時間毎に人形が飛び出して音楽がなります。

山の水族館

顔出しパネルを裏側から撮るのは私くらいでしょう…

因みにこんな顔出しパネルです。


山の水族館、やはり子供らは喜びます、もちろん大人も楽しめます。

冬は川が凍りつく様子が見られます。

幻のイトウが居ます。
何故か終点には角質を食べるドクターフィッシュが待ち構えています。

これが一番子供達は気に入っていました…

木工体験等も出来ますので小学生の工作等も良いんじゃないでしょうか。
木の遊具が沢山ある果夢林ワールドです。
我を忘れて遊びます。

大人は見ているだけなので非常に楽です。

余談ですが、山の水族館と果夢林ワールド両方を利用し、なおかつスタンプラリー帳を持っている人は山の水族館から入った方がお得です。

スタンプラリー帳の持参特典で山の水族館の入館料が670円から510円と160円安くなります。


そして山の水族館入館時に果夢林ワールドの割引券がもらえます
270円が210円となります、これは一枚でみんな割引になります。

果夢林ワールドに最初に行ってしまうと山の水族館の割引券は貰えるのですが、果夢林ワールドには割引前の270円で入らなくては行けなくなるので、山の水族館からスタンプラリー帳の割引を使って入る方が若干お得になるのです。

僅かな差ですが、何か得した気持ちになりますので是非このように利用してみて下さい。

周辺は辺鄙な感じですが、ここだけで一通り遊んで、買い物して食事をして温泉にも入れるので移動がほとんど無く休日の過ごし方を完結出来ますので連れていく親としても楽です。

周囲の温泉は山の水族館の半券を持っていくと貸しタオル無料などのサービスも受けられますので是非活用してください。

果夢林の時計塔がスタンプになっています。



ランキングに参加しています、面白かったら押して頂けると物凄くありがたいです。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント