記事一覧

男の料理 ♯8 豚バラチャーシュー

いきなりですが今回は豚バラチャーシューを作ってみました。

「作ってみました」と言いましたがこれを作ったのは去年の話で、ブログネタで料理やら旅行やらの写真は腐るほど撮っているのですが、如何せんブログ更新の頻度が激遅なのでブログ記事にならず写真とブログネタだけがひたすら貯まっていっています。

なので今年は頑張ってこれらのストックをできるだけ記事にして行きたいと思っています…

材料は豚バラチャーシューなので勿論「豚バラブロック」です…

肉で手が汚れて居ますので写真は撮って居ませんがブロックをぎゅうぎゅうとロール状に巻いて紐で縛ります。

こんな感じに

巻き方は色々あるのですが面倒くさいので適当にぐるぐる巻いただけです。

私は「巻き方に拘るくらいなら他の所で拘る」タイプです

決して上手に巻けない負け惜しみではありません(-_-)

巻く際はとにかくキツく巻いて下さい。

ゆるゆるだとこの後の行程でほどけてきたりします…

塩を肉の表面に良く塗りポリ袋に入れて二日間寝かせます。

二日経過した肉

さっと水洗いします。
表面の水分をキッチンペーパー等で拭きます。

浸けダレの材料
割合

醤油:1
蜂蜜:1
紹興酒:少々

浸ける肉の量によって液量は変動しますが醤油と蜂蜜の割合は1:1です。

私は2ブロックに各150mlずつ計300ml作りました。

紹興酒は無ければ日本酒でも良いです。

()内は今回使用した量

にんにく:適当(6粒)
ネギの青いとこ:適当(1本)
玉ねぎ:適当(半分)
生姜:適当

タレの調味料を合わせます。

ポリ袋にタレと香味野菜を入れて肉をいれる

本当は肉が丸々浸かるのが理想的ですが調味料がもったいないので適宜肉を回して揉んでやります。

ポリ袋を簡単に突破してくる強烈な匂いが襲ってきます。

手があまりにも臭くなるので手袋着用で揉みます。

大体1日4回程度回して揉みました。

それで3日漬け込みます。

3日後

オーブンで焼いていきます。

ゆっくり焼いていきますのでオーブンは150度にします。

少しずつ回しながら焼いていきます。

良い感じになっています。

およそ90分オーブンで焼きこれくらいで上げます。

ローストビーフ等もそうですがホイルで包んである程度冷めるまでは切ってはいけません‼

私は冷蔵庫で1日寝かせます。

チャーシューマヨ丼を作りたかったのでつけ汁をタレにします。

肉を浸けていた汁

濾します

火をいれ豆板醤と甜麺醤を適当な量味見ながら入れます。

ゴマを散らしてタレの完成です。

翌朝…

なかなか良い仕上がりになっています。

これを今からチャーマヨ丼にしていきます。

因みに今から作る物は爽やかな日曜日の朝食のメニューです。

やはり豚バラチャーシューだけでは胃に優しくは無いのでほうれん草を茹でてみました。

半熟卵も欠かせませんね

ご飯にほうれん草を敷きサイコロ状(通称:コロチャー)に切ったチャーシューを豪快に乗せます。

何度も言いますが朝食です。

朝7:00です。

昨日作っておいたタレを容赦なく掛けます。



白髪ネギ・卵・紅生姜を乗せる

これでもかとマヨネーズを掛け完成。

これぞまさしく男の朝食です

朝8時です

朝起きてこれが朝食のテーブルにあったら何かの嫌がらせだと感じる人の方が恐らく多いでしょう…

豚バラにマヨネーズ…

この油on油は目覚めたばかりのmy stomachに相当なダメージを与えてくれます(゚∀゚*)

又、卵にマヨネーズの卵on卵もなかなかのくどさを発揮しています。

最初は旨いと食べていた嫁の顔も次第に曇っていきます。

私たちはこの一杯を一食では食べきれず、この一杯で朝・昼・夕と3食を費やし食べきりました。

予想に反して3食をこれ一杯でまかなえる高コスパ食になった豚バラチャーシュー丼でした。





ランキングに参加しています、面白かったら押して頂けると物凄くありがたいです。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント