記事一覧

阿寒丹頂の里 ツルセンター

道の駅  「阿寒丹頂の里」の旧館の裏手に丹頂鶴を展示している「ツルセンター」なるものがあります。

道の駅 阿寒丹頂の里につきましては以前の記事道の駅探訪 #4 阿寒丹頂の里をご覧下さい。(再訪したので一部画像追加&内容を書き替えました)

やはり道民、ましてや道東に縁のある私としては丹頂鶴の生態位は抑えておかないといけないと思い今回訪問しました。

201805141303435ce.jpg
ツルセンターは旧道の駅の裏手にあります。

2018051413032577c.jpg


201805141304091e6.jpg


201805150700211ec.jpg
長年放置された様な全く管理のされていない庭園を進んでいきます……

201805150700429e5.jpg
どうやったらこうなるんですか? 
201805150701217bc.jpg
これも動いてない……

ここでふとした疑問が湧いてきます……

「これツルセンターやってるんだろうか?」と。

そう思う位全く人の手が入っているように見えません…

20180515103110fb3.jpg
そんな荒れ果てた土地を進んでいくと……

201805150848368e6.jpg
着きました… ここが「ツルセンター」です。

20180515084903f4e.jpg
見辛いですが、料金は

大人:470円
子供:(小学生から)240円

正直高いか安いか良く分からない設定です(*_*)

20180518092018b80.jpg
スタンプラリー台帳を持っていれば団体料金の350円で入れますので大人二人で240円のお得になりますので、スタンプラリー台帳(2018年時点)を持っている場合は是非出して割り引きしてもらいましょう。

20180515084926449.jpg


20180515103842518.jpg
鶴や北海道に関するものが無造作に並べられて居ます。

20180515084949bff.jpg
「チームナックス」や「ブギウギ専務」のサインがありました。

ブギウギ専務はついこないだの放送でここに来ていたのを観た気がします。

20180515085507fc1.jpg
受付の横に木工品のおもちゃで遊べるキッズスペースがありましたので取り敢えず遊ばせてみました。

20180515104846f12.jpg
木の馬や車

20180515085855476.jpg

20180515085944445.jpg
木の玉を入れたらぶつかって音を鳴らしながら玉が落ちてくるやつ
201805150850086e4.jpg

201805150851324d9.jpg
木工品のおもちゃ多数

子供たちはすぐ飽きて「帰る」というと思っていましたが、思いの外遊具があり子供たちは相当時間遊んで居ました。

この時点で私の評価は「意外とやるじゃんツルセンター」に格上げされました。

20180515085046455.jpg

20180515085115623.jpg
展示されている書籍 当然ですが全て「ツル」です。

「あなたのツル日記」… 誰かに需要があるからここにあるんですよね……

そろそろ展示を見に行きます。

20180515085148e2c.jpg
展示一発目から手作り感満載……

201805150854060d0.jpg
エゾシカの角等が置かれて居ます

2018051508542189e.jpg
ツルよりカッコいい気が……

こっちの方が主役感がある気がするのは気のせいですかね?

20180515085355b99.jpg


2018051508543490f.jpg


20180515085522975.jpg
この奥が色んな丹頂の展示がされているホールです。

20180515085206231.jpg
ホールに進んでいきます…

早くも地味に上にツルが居ました。

20180515085220cb4.jpg

2018051508523862d.jpg
丹頂のヒナです、かわいい……のか? 

20180515085254f57.jpg


20180515085324b1e.jpg
ツルセンターなので当然ですがひたすらツルです……

20180515085340611.jpg
鶴の日記…… これが展示ケースに入っている意味が良く分かりません

20180515085604077.jpg


201805150859233b6.jpg


201805150856171a2.jpg
そろそろお腹一杯になってきたので、本物の鶴を拝みに行きます。

20180515085630bd3.jpg
敷地内にツルを飼育しており、ホンモノを見ることも出来ます。

すごいぞ‼ツルセンター‼

20180515085651770.jpg
息子もホンモノに大興奮……している筈です‼

20180515085703626.jpg
人懐っこいと説明に書いていましたが、確かにこちらに付いて来る様な感じがしてかわいいです。



20180515085717a2f.jpg
絵にかいた様な丹頂鶴

20180515085735607.jpg
もう片方はすっごい遠い……

201805150858013ae.jpg
一応説明の看板もあります。

20180515085748376.jpg
……館内へ戻ります

20180515085812a91.jpg
娘もツルセンターに大変満足している様子です。

201805150858368b5.jpg

木工のキッズスペースだけでも結構遊べましたので、子連れでも行く価値は有かなと思います。

若干館内が寒いです、子供を見ているだけだと冷えてきます1枚羽織るものを持っていくと良いかと思います。

釧路のシンボル「丹頂鶴」の事を愛してやまない又は知りたいという人は是非ツルセンターに足を運んでみて下さい。



ランキングに参加しています、面白かったら押して頂けると物凄くありがたいです。


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

コメントの投稿

非公開コメント